ハート Curtain.navi ハート
TopColor2




効果的な色の使い方

イラスト下手ですみません^^;
1・カーテンをアクセントに使う方法--カーテンにポイントを持ってくるためには、カーテンに派手な色を使い、カーテン以外の内装材や家具などは、控えめな色にしておくことがポイント。カーテンだけが浮くようなら、時計や小物に、カーテンと同じ色をつけると馴染みやすいです。

2・カーテンを空間全体に溶け込ませる方法--カーテンを目立たせず、空間全体に溶け込ませる場合は、壁紙の色と近い色を選びましょう。この際、アイボリーやベージュにしておくと、飽きにくく、また、それらの色は部屋を広く見せてくれるという効果もあります。
3・空間全体を同系色でまとめる場合--品のいい部屋をつくるためには、空間全体を同系色でまとめるとよいでしょう。その際、カーテンは淡く、ソファはやや暗めに、小物などはやや派手にというように、空間全体で濃淡の効果がでるようにしましょう。
4・空間全体をカラフルな印象にする場合--楽しい感じの部屋を作るためには、空間全体をカラフルな印象になるようにまとめます。ただし、色は3系統以内にして、カーテンの色とクッションの色をそろえるなど、色の氾濫に要注意しましょう。

お急ぎの場合

急な転勤で引越したなど、部屋作りをしたくても満足に時間が取れない場合ってありますよね^^;テーマやカラーを決めても吟味する時間がない、あるいはテーマやカラーすらきめられない…など。
その場合はどんなインテリアにでもあうカーテンを選ぶ必要がありますね。簡単ですよ♪
柄物や多色使いの生地は避け、シンプルなカーテンを選べばよいのです。グリーン系かベージュ系の無地カーテンにしておくと無難です。
そして綿プリントカーテンであれば裾が広がる心配もありません。いろいろなテクニックを使ってカーテンを豪華に見せることもできます。また、カーテンのドレープを多めにすると、かなり豪華に見えます。柄によってヒダ倍率を変えるのがコツ。花柄など大きな柄の生地は、柄が美しく見えるようヒダを調節します。
最後にカーテンを長持ちさせるための裏地をつけましょう。カーテン自体が厚みを増しドレープが豊かに出ます。また、裏地にはカーテンを保護する役目もあるのでカーテンの耐久年数も増します。表地・裏地は同じ素材を使いましょう。
どうでしょう?結構このタイプのカーテンなら通販でも買えるし、ホームセンターでもたくさん売ってます。オーダーカーテンで作る場合も注文しやすい内容と思います^^

Valuable information

ドミノピザ
http://www.dominos.jp/
Copyright ©Curtain.navi. All Rights Reserved.