ハート Curtain.navi ハート
TopCurtain3





カーテンの機能

カーテン売り場などでカーテンを見ていると、生地にいろいろなマークがついている事に気がつきますね。それは機能をわかりやすく表示したものです。部屋の位置や使用する目的などを考えながらカーテンを選ぶ基準のひとつにするといいですよ♪。
遮光 遮光率99.4%以上のカーテン生地に表示されています。
1級・・・遮光率99.99%以上
人の表情が判別できないレベル
2級・・・遮光率99.8%以上99.99%未満
人の顔あるいは表情が判別できるレベル
3級・・・遮光率99.40%以上99.80%未満
人の表情はわかるが事務作業には暗いレベル
ウォッシャブル 家庭用洗濯機で洗濯ができ、下記の判定基準に適合したカーテン生地に表示されています。
判定基準試験方法(JIS I−0217 103法)
収縮率 タテ±1%以内 ヨコ±2%以内
染色堅牢率 変退色4級以上 汚染4級以上
洗濯後外観が良好であること
防炎 「消防法施工規則」に基づく防炎性能試験に合格したものに防炎マークが表示されています。
制電 静電気防止機能を施した生地でほこりなどの汚れをつきにくくするカーテンです。
超耐光 JIS基準の4級以上のもので陽射しによる変色や黄ばみを防ぐ効果があります。
はっ水 繊維製品の防水性試験法(JIS−I−1092)に規定される試験により、その効果が認められたカーテンです。
ホルム 新築・リフォームした室内での目や喉の痛み、頭痛、息苦しさなどを起こす「シックハウス症候群」の原因物質のひとつとされるホルムアルデヒドを吸着、除去します。
防汚 ごみやホコリがつきにくく、洗濯時に汚れが落ちやすいカーテンです。清潔感が長続きします。
環境リサイクル ペットボトルからの再生繊維を使ったカーテンです。

カーテンレールの種類

お部屋の壁に釘打ちが可能なら、思い切ってレールを替えてみるのもいいですね♪
シンプルなカーテンでも、装飾レールを使用すると、がらっと印象が変わりますよ^^
カーテンレールは大きく分けて3種類あります。
まず、木製や鉄製のポールに装飾を施した装飾レールと、一般的に使われているレール、そして窓の形に合わせて取り付ける曲げることが可能なレールです。
主に装飾レールは、インテリア性が高く、「見せる」ことが目的とされてます。カーテンを掛ける時にもレールが見えるように吊ります。また、一般レールはそのままカーテンを吊るためだけのレールです。曲げることが可能なレールは、主に出窓など多角形の窓などにカーテンを吊る場合に使います。


←お気に入り♪…ちょっと汚れてますが…。

カーテンのアクセサリー

最近はカーテンもおしゃれになってきました(笑)カーテンを両側に留める装飾、取り付けたレールにカーテンを吊るす道具などで、カワイイものやゴージャスなものがたくさんあるんです♪。

タッセルではリボンやお花モチーフのもの、光沢のある素材で編まれているものの他にもビーズで作られたものやキラキラ大きいストーンが付いていたりとかなり目移りします^^;

ホルダーもいいものがたくさんあります。ちょっと豪華にゴールドのものや綺麗なシルバーだったり…デザインも凝っているものがあったりでこれも悩みます(笑)

カーテンやカーテンレールのお手入れ

せっかく選んだカーテン。いつまでもきれいにしておきたいですよね〜。オーダーカーテンは、お店で売っている既製品よりも丈夫ですから、取り扱いに気をつければ末永く使うことができます^^

カーテンは購入した時に畳まれている状態ですが、それはカーテンを吊るしていたら自然に取れます。
カーテンに付けているフックは強い衝撃や力を与えると変形したりすることがありますので注意しましょう!!
カーテンは室内の温度・湿度 などの変化によって、多少の伸縮があります。直射日光を受けているとある程度日焼けするものなのです。
カーテンのお手入れは、日頃からはたきをかけたり、掃除機のブラシでほこりを吸い取るなどお手入れしましょう♪洗う場合は必ずクリーニングに出して下さい。自分で洗った場合、縮みや色落ちのトラブルが発生することもありますので十分気をつけてくださいね。素材によってもドライクリーニングできるものとできないものがあります。クリーニングに出す際は、必ず確認して下さい!!また、あらかじめカーテンの寸法を測っておいた方が、クリーニング後のトラブル防止に役立ちます。
自宅で洗う場合はフックをはずし、ネットに入れておしゃれ着用洗剤で押し洗い程度に洗いましょう。洗濯機での脱水は避けてください!!ゆるく絞って吊り干しにして乾かしてください。乾燥機の使用も縮みの原因となりますのでやめましょう^^;
ドレープは年に1回、レースカーテンは年に2〜3回程度を目安に洗ってください。
長期間洗濯をしないと、繊維の劣化の原因にもなります。

カーテンレールのお手入れは、日ごろからほこりをためないようにハタキや掃除機をかけて下さい。また、カーテンレールもほこりやごみが水分を含むことで、カビも発生しやすくなり、結露もカビや汚れの原因になります。カーテンと同様に日頃からのお掃除が大切です。
カーテンレールの滑りが悪くなったと感じたらロウソクをカーテンレールに擦りつけて滑りを良くするといいでしょう♪

pickup

Copyright ©Curtain.navi. All Rights Reserved.