ハート Curtain.navi ハート
TopCurtain4




部屋に合ったカーテンを

さて、次はお部屋に合ったカーテンを選びましょうということなんですが、そもそもいろんな目的の部屋がありますが…どんなテーマを決めてますか?部屋別にカーテンを選ぶポイントを書いてみました;

リビング--家族やお客様が集まる場所で、窓が占める割合も大きいことから、カーテンにも一番こだわりたいところです。カーテンの存在感がとても大きい場所なので、部屋全体をどのようなイメージにしたいのかを頭に描いてから選びます。  
季節ごとに替えるのであれば、季節感のあるものや色調の強いもので個性を演出するのもよいと思います♪そうでなければ、リラックスできるような素材や色柄を選んだほうがよいですね。 床、壁、天井の色に合わせて同系色でまとめると落ち着いた感じになります。

寝室----一日の疲れを癒す部屋なので、オフホワイトやベージュ、グレーなどの安らぎを感じさせる落ち着いた色調が良いと思います。カーテンをベットカバーや枕カバー、絨毯の色と合わせるとまとまりのある空間に仕上がります。真っ暗にしないと眠れない、朝日が眩しいのが気になるという方には、光を遮る遮光カーテンがおすすめです^^
逆に朝になっても明るくならないので起きにくいという方は、透過性のあるものや薄手の生地を選んだほうがよいですね〜。

子供部屋--子供の好きなキャラクターのカーテンや動物のプリントのカーテンにしたり、カラフルな柄のカーテンを選んで明るい部屋にすると楽しいですね♪ただし、キャラクターものや多色使いは雑然とした感じになってしまいますし、飽きも出てくるので子供が成長しても使えるように、飽きずに長く使える色柄を選んでもよいと思います。小さいお子さんがいる部屋は、カーテンも汚れやすいので、家庭でも洗濯が可能なウォッシャブルタイプのものが便利です♪あまり外の物音や光がもれない方が、勉強ははかどるかもしれませんね(笑)

和室----最近は和室のない住宅もたくさんありますが、やはり日本建築の代表といえば和室です!!カーテンも和のテイストをくずさない素材や色柄がたくさんありますよ♪ケースメントの生地のカーテンは、レースのような軽快なイメージですが、太い糸で編まれているので暖かみのあるナチュラルな部屋を演出でき、和風の部屋にも合います。バンブー素材などの暖簾や、和テイストの柄のパネルカーテンもいいんではないかと思いますよ♪

オーダーカーテンってどこで買える?

オーダーカーテンはこんなところで販売されています。

○デパート-------販売されているカーテンは定価販売がほとんど

○カーテン専門店-カーテンにこだわりを持つ方にオススメ)

○家具屋さん-----自社で販売しているとは別なため、知識や経験が少ないことが多いと思ってください。テナントとして入っている「カーテン屋さん」も最近は多いです^^)

○スーパー・ホームセンター-大手のホームセンターでは、オーダーカーテンも手がけています。商品知識のある店員に当たれば良いかもしれません。

○オプション販売会-マンションの内覧会の時にロビーで販売しています。外注業者なので「マンション販売会社」にマージンを取られるためカーテンの価格は高めです。

○ハウスメーカー販売-戸建てのハウスメーカーには、オプション販売のセクションがあり「インテリアコーディネーター」が壁紙、家具、照明、カーテンなどを一括で勧めています^^でも、カーテン単体の価格を見ると高めかもしれません…。

○インターネット・通信販売-オーダーカーテンの通信販売やネット販売ということですね。カーテンの採寸や取付、色柄の決定は全て「自分の責任」です。カーテン専門店が全国に販売しようと続々と参入していますが、採寸ミスによるやり直しやカーテンの作り直しが非常に多いと聞いています。「一軒全部を通販で」というのは怖いので、まずはひとつからオーダーしたほうがいいですね^^;

○工務店からの紹介--地方だとカーテン専門店がないためについ工務店任せになってしまうことが多い場合もあります。ほとんどが内装工事店の下請けが担当しますが、見本帳を1冊持ってきて「好きなのを選んで下さい」と言われて選ぶだけです。提案がないので、カーテンにこだわりがある方はカーテン専門店に行きましょう^^;

check

Copyright ©Curtain.navi. All Rights Reserved.